2018年 6月 の投稿一覧

注文住宅の建て方について

建売の一戸建て住宅であれば、すでに出来上がっている家を購入するという単純な方法になるのが一般的です。しかし、注文住宅で家を購入するとなると、これは結構色々と検討していくことがでてきます。まずは土地探しです。不動産屋さんに理想的な土地を紹介してもらいます。

土地を見つけることができたら、ハウスメーカーです。住宅展示場に足を運べば、いろいろなハウスメーカーの建てた家があるので、ここをチェックしていきます。そして、理想のハウスメーカーが決まり、契約すれば、図面をひいていき、家を建てていきます。

せっかくの注文住宅になりますので、こだわりたい部分はできるだけ建築士に伝えるようにして、希望通りの家を建ててもらいます。また、間取りはもちろんですが、玄関ドア、壁紙、外壁、屋根なども好きなものを取り入れたりできます。

こうして注文住宅を建てることで、世界に一つだけの最高の家が完成します。住み心地も最高になります。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建てようとした時、ある人はハウスメーカーで建築し、またある人は知り合いの大工さんにお願いし、またある人は工務店に注文したりと種々の方法があります。では設計事務にお願いするとどんな特徴があるのでしょうか。

まず設計事務所は、設計がメインです、よって設計に対するノウハウを多く持ちいかなる要望にも応えてくれます。またハウスメーカーのような細かい社内的な決まり事もなく工務店のようなパターン化されたものでもない真の自由設計・オーダーメイドの家作りが可能となります。ここが一番の設計事務所のメリットです。

しかし自由設計である分、こだわりが多くなり画一化された既製品や工業化製品を使わず、よってコストはどうしても高めになり、オリジナルである為工期も長くなります。

またあくまで設計が本業で施工は他の建築業者が行うためどんな仕上がりになるのかイメージし辛いというデメリットがあります。真のこだわりを持った家を検討するなら設計事務所はお勧めです。